エコペイズのローカル入金方法徹底解説

エコペイズのローカル入金方法徹底解説

オンラインカジノの入金・出金を管理するサービスの1つとして、電子決済サービスはとても便利です。
今回は、数あるサービスの中でも、2018年に三井住友銀行への銀行振り込みで入金できるようになったecoPayz(エコペイズ)を取り上げ、どのように入金すれば良いのかを解説していきます。

ecoPayz(エコペイズ)のローカル入金の仕組み

ecoPayz(エコペイズ)のローカル入金の流れはとても簡単です。
今回は、大きく3つのステップに分けて紹介していきます。
順番に進めていけば誰にでもできるはずなので、落ち着いてついてきてください。

ちなみに、ローカル入金とは、「日本国内の銀行振り込み」という意味です。
なので、ecoPayz(エコペイズ)のローカル入金とは、日本国内の銀行(今回は、三井住友銀行)に振り込めば、それがオンラインのecoPayz(エコペイズ)の口座に反映されるという仕組みになっています。
ecoPayz(エコペイズ)は、もちろん海外のサイトなので、通常であれば国際銀行送金でしか、送金することができません。
しかし、2018年にecoPayz(エコペイズ)が日本国内の銀行に口座を持ったことで、その国内口座(今回の三井住友銀行の講座)に私たちがお金を振り込めば、オンラインカジノが遊べる口座に反映させされるという、なかなか素晴らしいシステムになっています。

ecoPayz(エコペイズ)のローカル入金の手順

1.まず、ecoPayz(エコペイズ)のホームページにログインし、
  入金したい口座の「入金」ボタンをクリックし、「入金ページ」を表示させてください。
2.入金ページで、「ローカル入金」→「WirePay」の順番で入金方法を選択していきます。
3.「入金金額」を入力し、個人情報の取得と共有に関する注意書きを確認したら
  チェックボックスにチェックを入れます。
4.最後に「続行」のボタンを押して、次に進みましょう。
5.次は「支払い詳細」というページです。
  ここに、振込先銀行の情報と、実際に振り込みが必要な金額が表示されているはずです。

エコペイズのローカル入金の手順

振込先銀行口座について

皆さんが登録するときには、もしかすると口座が変更になっている可能性もあるので、必ずご自身が登録する際に、必ず確認してください。

ちなみにここで表示される金額は、先程の振込金額に5%の手数料を足した金額です。
入力した数字と一致しないからといって、慌てないようにしましょう。
ここで、振り込み銀行口座と、振り込み金額の確認が済んだら、実際に振り込みましょう。
自宅でも手軽にすぐできる、ネットバンキングを使うのが最もオススメです。

ちなみに、「PDFとして開く」のボタンを使えば、振込先銀行口座と振り込み金額がPDFファイルで表示されるので、データとして保存したい方や印刷したい方は、クリックしてください。
いかがでしたでしょうか?
入金に関する手順の説明は、以上になります。

ローカル入金にかかる反映時間

ローカル入金にかかる反映時間

入金した金額が、口座に反映されるまでは、振り込んだ時間や銀行の営業状況によって影響受けます。
基本的には、最短で振り込みの当日に反映され、最長でも3営業日以内には反映されるでしょう。
あせらず、気長に待ちましょう。

また、あくまでも銀行を経由しての振込のため、土日祝日や年末年始、長期休暇等、銀行の営業日外は、通常以上に時間がかかることが想定されるし、平日も15時以降になると、受付日は、翌営業日の扱いになるため、何かの事情で急いでいる場合などは、あらかじめ注意しておきましょう。

ecoPayz(エコペイズ)でローカル入金するときに必要な手数料は、前述の通り、手数料は5%です。
また、もし日本円以外の通貨で入金する場合は両替が必要なためさらに、為替手数料が上乗せされます。

注意事項

入金方法は、振込先として表示された三井住友銀行の口座に振り込むだけですがもし、手数料等の計算を経て、金額に端数が出ている場合は、「必ず繰り上げて振り込む」ようにしてください。
もし10,000.8円と入金金額が表示されていた場合、勝手に切り捨てて10,000円振り込むのではなく、必ず繰り上げ10,001円振り込むようにしてください。
そうしなければ、入金不足となり、正しくオンラインカジノへ入金すること自体が出来なくなってしまします。
たかが、0.数円だと決して侮らず、忠実にいきましょう。

今回はecoPayz(エコペイズ)を使った三井住友銀行へのローカル入金方法の手順と注意事項について説明してきました。
手数料や為替手数料等、注意することもありますが、便利な入金方法の1つなので、オンラインカジノをプレイされる際は、ぜひ参考にしてみてください。