誰しもが陥りやすい落とし穴

今人気のギャンブルと言えば、なんといってもオンラインカジノの盛り上がりは見逃せません。
本場カジノを経験した人なら、すぐにその楽しさに魅了されてしまうでしょう。
間違いなくハマることが、折り紙付きのオンラインカジノです。

アメリカのラスベガスや、マカオ、モナコなどのカジノで賭けた経験のある人なら、あのキラキラムードの雰囲気に、嫌がおうでも気分が高まるはずです。
チップを賭けて勝っても負けても、ゴージャスな空間に浸れるだけで、もう気分はカジノバージョン。
そんな空間をバーチャルで体感できて、配当金もゲットできるのがオンラインカジノです。

でも、オンラインカジノは違法では?

こんなに楽しそうなオンラインカジノですが、気になる人もいることでしょう。
カジノは、まだ国内では合法的なギャンブルではないからです。

「日本でカジノで賭けると、違法になるよね。」
とお思いの方も居られるかと思います。
国内でギャンブルができるジャンルは、競馬・競輪・競艇、宝くじ関係に限られているので、このように思っても当然です。

確かに、最近カジノ法案が可決・成立したといっても、カジノ類はまだ国内で行うと賭博罪の対象となって捕まってしまいます。
でも、オンラインカジノの場合は事情が違っており、オンラインカジノが運営されているのは日本ではなく海外。
海外カジノサイトにアクセスしてプレイするには、そこまてアクセスする必要があります。
インターネット経由で距離や時間差を気にせずにプレイできるので、まるで日本国内でギャンブルをしているように錯覚に陥っているだけなのです。

ここが重要なポイントで、海外にあるオンラインカジノでプレイすることで、賭博罪には問われないのです。
このことを知ると、俄然オンラインカジノに夢中になりそうですが、気を付けた方がいいオンラインギャンブルもあります。

カジノカフェは違法なギャンブル

それはカジノカフェという存在です。
オンラインカジノ同じように、カジノの運営サーバーは海外に設置してあります。
設置場所は主にフィリピンが多いのですが、これでギャンブルに参加すると、賭博罪になるケースがあります。
それは何故でしょうか?

カジノカフェの仕組み

カジノカフェは、主にインターネットカフェで行われるケースが多いのですが、店内ではお客さんが、カフェのパソコンを利用してオンラインカジノに参加します。
実際に店員にキャッシュを支払って、ポイントもらいます。
いわゆる賭けるためのチップのようなものです。
例えば、100円=1ポイント換算で交換されます。

交換したポイントを利用しながら、インターネット上のカジノサイトでスロット・ブラックジャック・バカラなどのゲームに参加するわけです。
ここで、ポイントが増えたなら、現金交換する仕組みとなっています。
ギャンブルに勝てば、利益を稼いで、負けると損するいう仕組みなのです。

実はこの形態が問題であり違法なのです。

店内で現金のやり取りをすることが違法

カジノカフェは現金でポイントを購入しますが、客が支払った現金で賭けた後の配当金をポイント形式で還元した後に再び換金しています。
これは日本国内で、現金のやりとりが行われていることになり、違法的なギャンブルが成立するのです。

ここでポイントが店側から換金されなければ単なるゲームで終わり、賭博罪が成立することにはならないのですが、この点が見落としがちな落とし穴なのです。

オンラインカジノでの配当金の仕組みは?

一方のオンラインカジノの場合は、やはりチップに替えることなりますが、最初に海外の決済サイトを通じて、現金をオンラインカジノの口座に入金する手続きを行います。
次にカジノの中で使われたお金は、再び決済専門のサイトを通して自分のところに戻ってくる仕組みを取っています。
このようなことから、参加者とカジノ運営者との間は、直接的なお金の やり取りが発生していません。
このようなことから、オンラインカジノは違法とは言えないのです。

とても似ているように見えるのですが、お金の流れが異なるために、結果が大きく変わってくるわけです。

オンラインカジノを安心して楽しむには

それでもオンラインカジノにも、悪質サイトがあるので注意が必要です。
今では、世界中に約2,000以上のオンラインカジノサイトがあると考えられています。
その全てのオンラインカジノが、必ずしも健全な運営とは言いきれない実態があります。
悪質なカジノサイトも存在している可能性があるので、オンラインカジノを初めてトライする人は注意が必要です。

安全なオンラインカジノを見極めること

では、信頼できるカジノサイトを見つけるためには、どうすればいいのでしょうか?
その目安としたいのが、ライセンスの有無です。

ライセンスとは、オンラインカジノの運営を法的に認められた許可証です。
カジノ運営が合法化されている国々で発行しているライセンスで、イギリス・ジブラルタル・マルタ共和国・マン島等がその役目を担っています。
これらの国は、審査期間が長く、半年間程要することも珍しくはありません。
しかも、不定期の検査もあるので、この厳しい審査に通過したオンラインカジノは、とても信頼できるのです。

但し、同じライセンスでも発行国が南米系の国々では、審査が甘い傾向にあるので、前者の国々のライセンスを取得したオンラインカジノに絞って、ギャンブルに参加することが無難でしょう。
オンラインカジノも選び方で、法的な被害を迎えてしまうことにもなりかねませんので、カジノサイトの種類や運営形態を十分に理解しておくことが大切です。