ビデオポーカーの最適戦略

ビデオポーカー

ペイアウトの高さから、オンラインカジノの中でも非常に人気があるビデオポーカーですが、そのペイアウト(払い戻し率)を最大限に高めるためには、「このカードが来たらこのカードを残しこのカードをチェンジする」という約束事をあらかじめ決めておく必要があります。これをベーシックストラテジーといいます。しかし、いきなりこのベーシックストラテジーを完璧にマスターするのは難しいです。そこで、ペイアウトは若干落ちますが、簡単にできる簡易版ストラテジーというものが存在しますので、今回の記事ではそれをご紹介させていただきます。

ビデオポーカーの簡易版ストラテジーとは

今回ご紹介するのは、ビデオポーカーの中でも「ジャックスオアベター9/6」というルールで行われるビデオポーカーで勝率を上げるための考え方です。簡易版なので、すぐに覚えることができる内容になっています。まずはここから慣れていくと良いでしょう。最初に配られた手を4つのカテゴリーに分け、それぞれのカテゴリーごとに決まったドローをしていきます。ではその4つのカテゴリーを紹介していきます。

強い役4枚以上が揃っている

ロイヤルストレートフラッシュ

最初に配られた5枚の中で、ロイヤルストレートフラッシュ、またはストレートフラッシュがすでに完成している場合や、あと1枚で完成するという場合は、チャンスです。すでに役が完成しているのであれば、5枚全てホールドし、ドローしません。4枚まで揃っているのであれば、残りの1枚だけを交換します。

それなりに期待できそう

このカテゴリーには、5つのパターンが存在します。1つはロイヤルストレートフラッシュの3枚が揃っている、もう1つはフラッシュが4枚揃っている、もう1つはジャック以下の低い数字でワンペアができている、もう1つはストレートが4枚揃っている、ストレートフラッシュが3枚揃っている、この5つです。
これらに該当するカードが来たら、揃っているものは残し、それ以外をチェンジします。

ハイカードが3枚以上

ゲームによってハイカードとローカードの境目は変わりますが、ハイカードが来ている場合は、できる限り残すようにします。ハイカードが1枚の場合は、そのまま残します。ハイカードが二枚の場合も、そのまま残します。ハイカードが3枚の場合は、同じ柄があればそれを残します。柄がバラバラの場合は、ランクの低いカード2枚を残します。数字が続いている場合は3枚とも残します。

総替え

以上のどれにも当てはまらない、弱いカードが来てしまった場合は、5枚全てを阻害します。

まとめ

以上が簡易版のベーシックストラテジーです。これだけのルールであれば簡単に覚えることができるのではないでしょうか。まずはこのやり方でビデオポーカーを一度楽しんでみてください。